【マツコの知らない世界で紹介された絵本】子ども嫌い・子育て苦手な方こそ絵本の読み聞かせが味方になる

\ こんにちは、よいこです /

今、娘2人を寝かしつけてテレビをつけたら「マツコの知らない世界」で絵本の特集をしていまして、絵本講師の内田早苗さんが紹介する本や読み聞かせに対する想いなどを聞いていて、とっても感動してしまいました。

観ていない方のためにシェアしようと、また書き始めています。

 

 

絵本講師の内田早苗さんとは?

ご自宅に1500冊の絵本をお持ちの内田さん。

NPO法人「絵本で子育て」センター
絵本講師です。
神奈川県平塚市にて
絵本で子育て教室®『きいろいおうち』を開いています。
『きいろいおうち』は月に2
回、絵本カフェとしても営業をしています。

各所で、絵本講座を開催しています。
わらべうたベビーマッサージインストラクターでもあります。

内田早苗さんのブログより引用)

 

マツコの知らない世界では息子さんも客席にいらして、内田さんが紹介していた絵本や親子の会話を見ていたら「私も絵本をもっと読んであげたい!」とモーレツに思ってしまいました。
(タイミング悪く、今絵本はすべて引っ越しの段ボールの中・・・ちーん)

 

内田さんが紹介していた本

 

・しろくまちゃんのホットケーキ

 

・ごぶごぶごぼごぼ

・くだもの

・これはのみのぴこ

・おいしいおと

・オニのサラリーマン

・パンツのはきかた

・あなたがとってもかわいい

 

子どもとうまく遊べない、楽しくないと感じている人こそ絵本を使う

我が家にも頂き物や定期購読の絵本など、結構絵本はあるんですが最近はあまり絵本を読んであげていないなぁと。

 

私は最近長女と次女が2人で遊んでくれる時間が増えて「あ~楽になったわ~」っていうくらいには子どもと遊ぶのが得意ってわけではありません。

 

長女が幼稚園に行ってる時、「今日は次女とどうやって過ごそうかな~、早くお昼寝しないかな~」なんて思ってます。(要は手持ちぶさた)

 

そっかぁ~、遊べないなら絵本を読んであげればいいのかぁ!(今さら感たっぶり)

 

内田さんの

 

「絵本に教育やしつけを求めない!絵本は親子で楽しむもの」

 

という言葉に

 

そうそうそうだよね、最近私は

 

絵本の読み聞かせ=【情操教育のためにしなくてはいけないこと】

 

 

みたいにとらえてしまっていて、いつのまにか絵本を読むことから遠ざかっていました。

 

これからもっともっと絵本を読んであげたい

 

今回内田さんが紹介していた絵本はどれも読んでみたい本でした。

その中でも「あなたのことが だいすきだよ」ってなかなか言葉で伝えられないわたしには

最後の「あなたがとってもかわいい」を手元に置いておこうと思いました。

 

 

見逃し配信はTverで見れますよ~。

関西在住3年目、インドネシア人の夫と4歳1歳のこどもとの毎日を記録するため、40歳ブログ始めました!もっと見る twitterinstagram楽天ROOM
2019年01月22日 | Posted in すてきな絵本 | タグ: No Comments » 

関連記事