予算2,000万円代の家探し【内覧編②】

前回に引き続き、内覧に行った物件を記録していきたいと思います。

5件目

駅からバスというあまり立地のいい場所ではなかったけど、環境の良さを知っていたので期待大!

ここも築30年ほどのRC造のテラスハウスタイプ。1280万

事前に調べたところ、テラスハウスは住宅ローンが組めないとか悪いことばっかり書いてあったので「げー」だったんだけど、ここはマンション扱いでローンもOK。

中もこぢんまりして近くには小さい公園もあるし、いいじゃん~♪

と思ったのは私だけみたいで、だんながNG。

こういうとこは地震に弱いでしょ?って。えー、築年数同じだったら木造戸建てより丈夫だよー。

インドネシアではこういう家はひび割れしたり崩れやすいらしい。

木の方が柔らかくて揺れを吸収しやすいでしょ?だって。

それって今のハウスメーカーの免振とか高い家じゃんよー。と思って若干ケンカになりかけたところで、ケンカするほど気に入ったかと言われればそうでもないかも・・・と思い引き下がる。

周りは大きい家が多くて空気もゆったりしていて、なんともいい環境だけに惜しい。

きっとお互いがここ良い!とピッタリ決められる物件が出てくるはずなのだ。

そういう根拠のない自信だけはある。

それは天秤にかけて頭で考えて決めるんじゃなくて、ここや~!っていうのが探せばきっとあるはずなのだ!!

ちょっと深くていい話

どこかで読んだお話し。

1人の旅人が次の住まいを見つけようと、その場所に住む老人に話を聞いた。

「ここは住みやすい場所ですか?人は親切ですか?」

老人は旅人に聞いた。

「前に住んでいたところは住みやすい場所でしたか?人は親切でしたか?」

旅人は「いいえ、住み心地は悪く、人も意地悪でした」

「それならここも同じですよ」

 

また違う旅人が来て言いました。

「ここは住みやすい場所ですか?人は親切ですか?」

老人は聞きました。

「前に住んでいたところはどうでしたか?」

旅人は「はい、とても住みやすく、人も親切でした」

「それならここも同じですよ」

家探しはまだまだ続く・・・。

関西在住3年目、インドネシア人の夫と4歳1歳のこどもとの毎日を記録するため、40歳ブログ始めました!もっと見る twitterinstagram楽天ROOM
2018年03月04日 | Posted in 家を買う | タグ: , , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください