【子連れ】ナガシマスパーランド&アウトレット!効率的な周り方や駐車場の停め方。

こんにちは、よいこです。

ナガシマリゾートには遊園地、アウトレット、アンパンマンミュージアムなどなどたくさんの施設があります。

子連れで行くからにはなるべくお目当ての場所に最短で到着するように計画を練りましょう!

この記事では、近い駐車場に停めるコツやなるべく歩かずに遊園地のキッズエリアまで行く方法をお伝えします!

 

今回我が家は

 

1.午前中の空いているうちにエッグスンシングスでブランチ

2.長島スパーランドのキッズタウンで遊ぶ

 

というプランで行きまして、子連れにはなかなか効率のいい周り方だったな~と思ったので、参考にしてみてください!

 

ナガシマスパーランドに子連れで行くときの心得

 

さて、子連れの場合

 

歩く距離をどれだけ少なくするか

 

がかなり重要です。

 

長島リゾートは敷地が広く、あっちもこっちも歩いていると、親子ともどもめちゃくちゃ疲れます。

無駄に歩く→子が疲れる→親が疲れる→みんなグッタリというコースになりがち。

子連れの場合は計画を立てていきましょう。

 

今回はエッグスンシングスに行きましたが、最近できたクアアイナ(ハンバーガー)やブラックカレーの東洋軒、矢場とんなどが食べられるフードコートは、メインエントランスから結構遠いんですよね。

 

(画像引用元 三井アウトレットジャズドリーム長島公式サイト

 

地図が見切れてますが、右下のパークサイドエリアの下の方が、駐車場から一番近いメインエントランスです。(ピンクの★のところ)

左の端っこ(黄色の★のところ)がサウスエントランス。

赤丸で囲んだところが、飲食店。他にもポツポツあるんですけど、メインはこんなところ。

 

 

(画像引用元 三井アウトレットジャズドリーム長島公式サイト

 

 

2Fにはメインエントランスからほど近くスタバやクリスピークリームドーナツもあります。

 

で、メインエントランスからサウスエントランス(エッグスンシングスがある方の出入口)まで歩くの結構な距離があるんですよ。

しかも魅力的なアウトレットのショップがずらりと並んで「安いよ~可愛いよ~おいでよ~」と手招きしていますね。

エッグスンシングスに到着するまで1時間かかる自信あります、私。

 

 

そんな時は、わき目もふらずに、そして歩かずにサウスエントランスまで行きましょう。

 

無料シャトルバスで!

 

これ実家の母に教えてもらったんですが、メインエントランスに「湯あみの島」行きの無料シャトルバスがあって、これに乗るとサウスエントランスまでつれていってくれるんですよ~。

 

(画像引用元 長島リゾート公式サイト)

 

このシャトルバスのバスターミナルが遊園地の【西ゲート】であり、アウトレットのサウスエントランスであり、湯あみの島の入り口なんですね。(13:00~は西ゲート経由で湯あみの島の玄関前まで行ってくれます)

 

上のバスルート見ていただければわかるんですが、セブンイレブンのあるメインエントランスから遊園地のメインゲート・アンパンマンミュージアムまでめっちゃ歩かないといけないんですよ。(しかも駐車場からセブンイレブンまでも結構歩くの・・・)

 

以前、ベビーカーを忘れて泣きましたから自分・・・。(疲)

 

というわけで、らくらく~っとバスで西ゲートまで行って、パンケーキもしくはクアアイナなどで腹ごしらえをして、遊園地へ向かえばみんなハッピー!

西ゲートからキッズタウンも近いし、人も少ないです。

 

メインゲートと西ゲートの位置関係はこんな感じ。

キッズタウンまでの距離はどちらも同じ感じです。

 

 

(画像引用元 長島リゾート公式サイト)

 

 

ナガシマスパーランドのキッズタウンで5歳がどのくらい遊べるか

さて、そんな感じでらくらく~っと遊園地まで来まして、チケットどうすっかな~問題ですね。

長スパのチケットは断然フリーパス付がオトクなんですが、

 

「我が子が乗り物に食いつくか食いつかないか」

 

によって完全に変わってきますので、悩むところですね。

子連れが選択できるチケットの種類としては

・パスポートを購入する→大人5,200円、幼児(2歳以上)2,400円、小学生4,000円

・入場料を払って、中で乗り物チケットを購入する→大人1,600円、幼児500円、小学生1,000円

・幼児パスポート+カンガルーパスポートを購入する→幼児パスポート料金+カンガルーパスポート3,500円

 

はて、カンガルーパスポートとは?

大人が幼児に付き添いに限り乗れるのりもの券+入場料+ちびっこひろば入場券がセットになったもので、自分の好きなアトラクションには乗れませんが、子どもと同乗する乗り物には乗り放題のチケット。
詳しくはコチラ>>>カンガルーパスポート(長島スパーランド公式サイト)

 

 

結論から言いますと、カンガルーパスポートを買えばよかった~!!!!です。

 

5歳ともなると、ほとんどのアトラクションは保護者同伴であれば乗れるので、次女(2)は母に任せて、私と長女であれやこれやと乗りまして。

1つのアトラクションが大体300円。

幼児の場合、保護者同伴でないと乗れないものが多いので親子で乗ると1回につき600円かかります。

 

おさらいしますと・・・

 

幼児のパスポート2,400円+カンガルーパスポート3,500円=5,900円

幼児の入場料500円+大人の入場料1,600円=2,100円

差額が3,800円。

7つ以上アトラクションに乗れば元がとれるし、なんといってもキッズタウン内にある「ちびっこ広場」にも入れるので、やっぱりカンガルーパスポートがおススメ。

 

 

長島スパーランドのちびっこ広場がすごい

地元民の私ですが、20年ぶり+子連れでは初めてでしたのでキッズのエリアは全然知らなくて、今回いろいろびっくりしたんですが、なかなかの充実度!!!

 

アトラクションではなく野外広場の「ちびっこ広場」ですが、その規模がなかなかすごかった!

 

 

でっか~い滑り台や

 

遊具がたくさん!

 

とにかく広い!

 

雨が降っても遊べる全天候型!

 

 

 

広場内にトイレや授乳室もあるので、安心。

 

床暖房!!!

 

 

 

・・・という魅力的な放牧…じゃなくて遊びスペースなんですが、

 

別途料金ですね。ハイ。

 

付き添いもお金いりますね、ハイわかりました。

 

幼児のパスポートとカンガルーパスポートがあれば、無料で入れるので、やっぱり断然パスポートがおススメですね。(ちなみに小学6年生まで入場可ですが、子どもだけでは入れないそうです)

 

中に入ってからも追加購入(だいぶ割高ですけど・・・入場料1,600円払った後に3,000円で追加購入)できるので、お子さんがどれだけ乗り物に食いつくかを見てから判断してもOKだと思いますよ~!

もちろん、遊園地好きのお子さんは迷わずパスポートをゲット!

 

ちなみに長女と乗った乗り物は

・ブランブラン

・ティーカップ(次女と3人)

・ケロヨンジャンプ

・メリーゴーランド(次女と3人)

・あしかさんのサーカス

・チルドレンコースター

・そらとぶぞうさん(次女と3人)

・ダックス(次女と3人)

 

こんな感じです。

チルドレンコースターって、20年以上前からあって結構スリルがある子ども用ジェットコースターなんですが、2歳以上は同伴で乗れるって公式サイトに書いてあった・・・。

2歳ちょっと無理じゃない?!私めっちゃ叫んでたんですけど・・・。

 

2歳はだまだアンパンマンミュージアムがおススメ

そんなわけで、5歳の長女は結構いろいろ乗れましてナガスパを満喫しておりました。

でもやっぱり2歳の次女は長女だけ乗ってるのが面白くなかったみたいですw

110センチ以上あれば、キッズタウンのほとんどの乗り物に乗れるので、そのくらいになってからの方が遊園地を存分に楽しめるかもしれませんね~。

2~3歳の子は、やっぱりアンパンマンミュージアムの方が楽しめそうです。

 

ナガシマリゾートの駐車場のコツ

最後になっちゃいましたが、地元民の我が家もいつもうっかり遠い駐車場に停めてしまうので備忘メモとして書いておきますが、長島リゾートの駐車場ってちょっとコツがいります。

 

駐車場に入るゲートは1つなんですが、曲がるところによって、メインゲートに近い場所に停められるルートと、遠いところにしか停められないルートがあります。

 

 

赤丸のところが駐車場ゲートで、そこから枝分かれするように駐車場が広がっているんですが、★マークのメインゲートに1番近い駐車場(黄色い丸のスペース)に停めるにはゲートを入ってすぐ左に曲がらないともうそこには行けません。

警備員さんも遠いほう遠いほうへ(空いている方)誘導するので、ついつい曲がり損ねてしまうんですよね~。

 

今回私がおススメしたシャトルバスの乗り場は地図上のセブンイレブンのあたりになるので、もしシャトルバスに乗るつもりの方は、逆に黄色い丸の駐車場に停めちゃうと遠くなってしまうかも。

 

エッグスンシングスの近くのショップ(bshop、マーガレットハウエル、プチバトー、ビルケンシュトック)などが好きなので、我が家はコチラのコースが便利だったよ~というお話でした!

 

もちろん帰りもバスで戻ったほうが楽だと思います。

余力があれば、アウトレットを通って最後にGAPあたりで買い物してスタバに寄って帰るっていうのもおススメ。

 

子連れナガシマスパーランドのまとめ

20年ぶりのナガスパでしたが、遊園地の中はあまり変わっていなくてなんだかノスタルジックな気分になりました。(古いのと新しいのが混ざってるのがまた田舎っぽくていい)

 

外の売店もポテト200円だかそんな金額で、変わってないな~って。

 

▲観覧車から見たナガスパ。

 

 

▲乗ってるほうもスリル満点だけど、下のパラソルでワイワイ食べてる人の上をギュイーン!と通るので、下は下でスリル満点。

 

 

▲オフィシャルキャラクターのピーターラビットのショーもあるよ。

 

それでは、楽しいナガスパを!

 

 

関西在住3年目、インドネシア人の夫と4歳1歳のこどもとの毎日を記録するため、40歳ブログ始めました!もっと見る twitterinstagram楽天ROOM
2019年04月14日 | Posted in 旅行・おでかけ | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください